12月18日の夢日記

異様な大学入試。

ラップや民謡を歌わせられたり、指に注射して血を吸い出し水で流れてくる試験管に血を移す試験。

ストローで作られた笛を演奏させられる。

試験があまりにも無意味かつ意味不明だったのでわたしは抗議するが、周りの受験生は真面目に受験している。

わたしは試験中に鼻から大量の血を流すが、意識が朦朧とするが誰も助けてくれない。

適当に試験を受け続けるが、校内でリンチ殺人事件が起きたとの情報が入る。

それでも受験を続けようとする周りの受験生に異様さを感じる。